本文へ移動
高齢者施設等の職員を対象とした新型コロナ検査の実施について(吉富鳳寿園)
2021-01-29
1月25日、26日にかけて「高齢者施設及び障がい者施設の職員を対象とした新型コロナウイルス感染症に係る検査事業」(福岡県)を活用し、主として特別養護老人ホームに勤務する職員54名のPCR検査を実施しました(定期的な一斉検査であり、気になる症状がみられたわけではございません)。
本日、結果が判明し、全員“陰性”であったことをお知らせします。

※ 本検査は福岡県の事業で、高齢者施設や障がい者施設の入所者は特に重症化リスクが高いことから、これらの方と接する施設職員を対象に、3月までの間、職員1名あたり3回を上限にPCR検査を実施するものです。症状の有無に関わらず、施設の希望によりPCR検査を受けることができ、無症状の感染者の早期発見につながります。
TOPへ戻る